投稿

脱衣室にもテスリックス

イメージ
あれば助かる、便利な福祉の手すり
こんなところにも『テスリックス』を!
普段何気なく使っている手すり。

人が座ったり立ち上がるところには、やはり手すりがあると便利です。

特に『テスリックス』は他の手すりとは違い、格子状なので非常に使いやすいです。

脱衣室に手すりが必要だろうかと思う方もいらっしゃるかもしれませんがあれば意外と使ってしまいます。そして、大変役に立っています。
たとえ、どこについていたとしても使い勝手がよく、移動の時もつい握ってしまいます。

そんな脱衣室に『テスリックス』があるとタオル掛けにもなるし、安心して移動することができます。

お風呂のリフォームで手すりをつけよう!

イメージ
お風呂に使う新たな手すりは・・・
将来のことも考えて『テスリックス』がいい! せっかくリフォームするならいいものにしたいですよね。
床材を滑りにくいものにしたりなど、いろいろありますがその中でも、特に手すりは重要な項目の一つです。

手すりにはL型やI型があります。将来、ご自身が年齢を重ねていき、体力が低下しても楽に浴槽から起き上がれるほうがいいですよね。
将来を考えるなら、福祉の手すり『テスリックス』を使うべきです。

これは、L型やI型の手すりに比べると格子状の形をしているので、掴むところが非常に多く、滑りにくくなっています。

ご自身で想像してみてください。

浴槽に入ったり出たりするときにまたぐ、浴槽から起き上がる。
そういった動作をするときに『テスリックス』が付いていればその動作自体、どれだけ楽になることか。

テスリックス』のメリットはどこでも掴めるので、将来、加齢による身体能力が低下しても対応できる万能な手すりです。

テスリックスを活用し 階段からの転落を防ごう!

イメージ
階段に設置されている手すりについて 転落を防ぐのに『テスリックス』なら・・・

階段は毎日、必ず大人や子供が上ったり下りたりします。

そこに取り付けてある手すり自体は同じ高さですが、使う人たちは身長が違います。

もし、段差につまずいたり、踏み外しても手すりを掴んでいれば、転落するリスクは減りますよね。しかし、大人と子供では、手すりを掴むベストな高さ(一番力の入る高さ)が変わってきます。

使う人に関係なく常に一定の高さに取り付けてある手すりは、安全なのでしょうか?

格子状の形をした手すり 『テスリックス』 ならそんな心配は必要ありません。
大人でも子供でも、手すりを掴む位置がベストな高さになるからです。

こんなに便利な手すりはありません。

もし、転落しそうになっても、一番力が入りやすい高さで掴めるから、転落リスクが少なくなります。

今も、これからもトイレのてすりは・・・『テスリックス』

イメージ
トイレのてすり
今、当たり前のようにトイレに設置されているL型やI型のてすりですが、本当に介護のためのてすりと言えるでしょうか?

では、どのようなてすりが介護の手助けをしてくれると思いますか?

使う人のことを考え、介護に寄り添ったてすりがあります。

テスリックス』 です。

格子状だから、どこでも掴めて立ち上がったりすることができます。
だから便利なのです。

今も、そしてこれから先にも必ず必要なトイレのてすりです。








手すり = テスリックス

イメージ
トイレや浴室の手すりと言えば皆さんは 「L型」 や 「I型」 を連想すると思います。

その通りだと思います。

しかし、L型やI型の手すりを使っているときに

■どうも掴む位置が悪い、力が入りにくい

■手すりの位置がもう少し高い、低い、右寄り、左寄りだったらいいな

と疑問に思ったことがあるかもしれません。

それ以外の形をした手すりがあるとどうですか?

テスリックス』という手すりがあるのをご存じですか?

L型やI型などの手すりと比べて

格子状の形だからどこでも掴めてご自身の楽な態勢で握ることができ、楽に立ち上がったり、座ったり、移動したりすることができるんです。

そんなすごく便利な手すりがあります。

『 手すり = テスリックス 』

それが本当に日々の生活の手助けをしてくれる手すりだと思います。

福祉のてすり 『テスリックス』

イメージ
テスリックス』はおじいちゃん、おばあちゃんから小さなお子様まで
安心して使うことのできる手すりです。

 世の中の手すりには、L型の手すりが多くありますが、果たして幅広い年齢の方に
対応した使いやすい形となっているでしょうか?

 手すりの高さや位置はご自身の体形に合っているでしょうか?

 一番力の入りやすい位置で掴むことができていますか?

 福祉のてすり『テスリックス』は格子状の形をしているため、どこでも誰でも
掴むことのできる便利さがあります。